« 2006年10月 | トップページ | 2006年12月 »

2006年11月

2006年11月30日 (木)

ポストにオレンジ色。

 

号外キタジマ。

 

 

情報解禁日まで詳しくは書けませんがね。

 

 

1つは予想通り。

 

1つは予想外。

 

 

感想?

 

 

「ふ~ん。」って感じ。

 

 

気分を盛り上げるために
久しぶりにm-CABI聴いてますけど。

 

BLUE SKYが結構好きだと気付きました。

 

 

時間が経てば感動も沸き起こってくるでしょう。

 

 

今はタイミングが悪いんだ。

 

なんだかんだ言ってるけど嫌いではないんだから。

 

 

楽しみですよ。

 

 

ではでは。

 

 

あ、紅白出場おめでとうございます。

 

どの曲で出るんでしょうね。

 

 


↑固執するのをやめただけ。

 

| | コメント (0)

2006年11月29日 (水)

思ったより人が少なかった。

 

LINDA LOUのVo.永井さんとGt.寺岡さんによる
ストリートライヴに行ってきましたよ。

 

7時過ぎから横浜駅でやってらしたんですよ。

 

 

ストリートをやると知ったのは今日の5時頃。

 

1時間行こうか悩み、結局行ってしまいました。

 

30分で行けるのに行かないでどうする。

 

 

ベストヒットアーティスト。

 

 

これが迷った原因なんですがね。

 

録画してるんだから良いじゃないかと思い急行。

 

 

ストリートは聴いたことなかったから絶対行きたかったので。

 

本当に行って良かったです。

 

 

1セット5曲で2セット演奏。

 

計10曲聴けました。

 

 

このうち2曲は恋をしなけりゃでしたけど。

 

大好きな曲だから2回も聴けて嬉しかった。

 

 

近頃はポリスメンがうるさいらしくてね。

 

1回も止められずに演奏しきれたのは珍しいとか。

 

嫌な世の中ですね。

 

 

あまり大きな音は出せないから
全力を出し切っていない感じの永井さん。

 

思いっきり声を出せないもどかしさが伝わってくる感じ。

 

聴いていてキュンとしました。

 

 

またやってくれないかな。

 

 

やっぱり生の音は最高です。

 


↑ギャラリーに面白い外国人がいました。

 

| | コメント (0)

0か100か。

 

今日はうちの父の誕生日です。

 

11月29日 良い肉の日。

 

 

というわけで前祝で焼肉食べに行きました。

 

肉うま。

 

 

それはさておき。

 

 

最近、本当に愛が足りてません。

 

 

会報読んでない。

 

雑誌も買ったまま放置。

 

Mステも見てない。

 

カフェイン11も録音したまま。

 

 

私は不器用なんです。

 

 

足りていないというより
そっちにまで回らないといった方が近いかも。

 

 

一度に沢山のことができない。

 

 

すごくすごい好きなものができると
気持ちのすべてがそれ1つに傾いてしまう。

 

 

新しいおもちゃを手に入れた子供みたい。

 

 

今はその対象がLINDA LOUさんになりつつある。

 

 

ライヴには色んなのに行っているし。

 

どれも毎回楽しめる。

 

 

だけどそれとこれとは話が違うんだ。

 

 

ようは1番真ん中にあるものは何かということ。

 

 

今まではポルノさんがそこにいたのよ。

 

 

じゃあ今は?

 

 

全部に全力投球なんてとても無理だけど。

 

 

せめて同じくらいに。

 

2で割れれば良いのに。

 

 

バランスを取りたいよ。

 


↑自分、不器用ですから。

 

| | コメント (0)

2006年11月28日 (火)

またも終電逃しましたけどね。

 

沼袋のOrgan Jazz倶楽部というところでやった

 

 

若手風セッション

 

 

に行ってキタジマ。

 

 

出演したのは

 

齋藤たかし ds

諸岡ひろや org

遠山哲朗 gt

Lin eb

 

の皆様。

 

 

なかなか楽しかったです。

 

 

何故「なかなか」なのか。

 

どうも疲れが溜まっているせいか
いまいち自分のテンションが上がりきらなかった。

 

 

演奏は素晴らしかったんですよ。

 

問題は自分の体調だ。

 

ライヴには万全の体勢で臨まないといけないと痛感しました。

 

 

それにしても。

 

 

哲朗さんは本当にギターが巧い。

 

プロに言うセリフでもないけど
流石元祖すごくすごいだよ。

 

 

サミーさんのギターが
上からドスンと落ちてくるような重い音だとするならば。

 

哲朗さんのはコロコロ転がるような軽やかな音か。

 

 

たかしさんの演奏を
あんなに間近で見たのは初めてだったけど。

 

やっぱり最近ドラムに魅かれるわ。

 

ドラムを叩いている人に魅かれる。

 

笑顔で楽しそうに叩いてる姿に惚れそうになるよ。

 

 

ベースのLinさんは23歳で本当の(笑)若手。

 

だけどあの若さであの弾き方。

素晴らしい。

 

エフェクター使ってて、今まで聴いたことのない音。

ベースの音が誰かの喋り声のように聴こえたのは初めてだ。

 

かなり好きなタイプのベーシストでした。

見た目もなんだか可愛らしい。

 

 

オルガンの諸岡さんは面白い方でした。

 

 

というか皆さん面白い。

 

そして気さく。

 

優しいです。

 

 

また哲朗セッションに行きたくなりました。

 

ではでは。

 


↑パーカッションでまた立山さんが来たら嬉しい。

 

| | コメント (2)

2006年11月27日 (月)

必殺に笑った。

 

行ってきました。

 

 

Vfts0137_1  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

金沢へ。

 

 

Vfts0136_1  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

日本海です。

 

たぶん。

 

 

ということは。

 

こういうことですね。

 

 

FUZZ-FACTORY

 

 

行ってきましたよ森男のソロライヴ。

 

 

Vfts0138_1  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

会場周辺は普通に都会。

 

クリスマスムードでいっぱいでした。

 

 

私は第3部に参加したのですが。

 

開場までかなり時間があったので
ご飯を食べに地酒を扱うオシャレな居酒屋へ。

 

 

八兆屋というところだったのですがね。

 

ここのご飯が美味しい美味しい。

かなり当たりでした。

 

 

お酒も美味しいんだわ。

 

 

Vfts0142  

 

 

 

 

 

 

 

 

私が飲んだのは満寿泉というのですが。

石川県に行ったのに何故か富山県産。

 

美味しかったから良いんです。

 

 

1人で2合もクイクイと。

 

日本酒最高。

 

 

若干二日酔い風味がしないでもないですが。

 

 

ではライヴのお話でも。

 

 

歪み最高潮!!

 

 

すごかったよ。

 

すごくすごいすごかった。

 

 

森男はかなりお酒が進んでいたらしく
テンションも妙だったし。

 

酔ってるせいで喋りがもう大変。

 

ちょっと心配になったよ。

 

相変わらず口パクパクさせてたし。

 

指弾きし過ぎて黒いマニキュア剥げ剥げ。

 

 

それにしてもあれだね。

 

森男と酒飲むとか、かなり怖いよ。

 

何を話して良いのか分からない。

 

 

でも面白かった。

 

楽しかったというより面白かった。

 

森男が。

 

 

近くでやってくれればまた行きたいけど。

 

石川県は行くの大変だわ。

 

飛行機で1時間っていってもお金はかなりかかるし。

 

 

また機会があれば行きたいなー。

 

 

ではでは。

 


↑滅多なことは書けません。

 

| | コメント (4)

2006年11月26日 (日)

危機感が強まった。

 

ちょっと困ったことになりました。

 

 

love up!の会員証が見当たらない。

 

 

ちょっとじゃない?

 

かなり?

 

すごくすごい?

 

 

いや、外で無くしたんじゃないのよ。

 

もう携帯につけるのはやめたからね。

 

 

SWITCH FINALのグッズでピンバッチがあったじゃない。

 

あれが入ってたケースに入れて
部屋に置いといたはずなのよ。

 

 

そのケースが見当たらない。

 

どこに置いたんだっけなー。

 

 

捨てるはずはないのよ。

 

 

ただこれはが足りないとかそんな次元の話じゃなく。

 

 

部屋が汚い。

 

 

これが1番の問題。

 

こうも散らかってたら見つかるものも見つからない。

 

片付けよう。

 

 

それはさておき。

 

 

今日というか明日というか。

 

またライヴです。

 

 

石川県に行ってきます。

 

金沢へ歪んだ音とお酒を楽しんできます。

 

 

ではでは。

 


↑あんころ餅と輪島塗。

 

| | コメント (2)

2006年11月25日 (土)

大きい人が。

 

時間変更したとか。

 

ポップジャムには森男しか出てなかったとか。

 

5弦ベースだったとか。

 

NAOTOさんは相変わらずキレイな金髪だとか。

 

岡野さんは何故か右手の爪が長いとか。

 

新藤さんのあのパーマはどうなんだろうとか。 

 

まだMステ見てないとか。

 

会報も読んでないとか。

 

 

そんなことはどうでもいい。

 

 

音楽戦士のチェロって

 

 

Crustaceaの向井さんだったよね!?

 

 

あの方は見間違えるはずないよね!?

 

まだ生で見たことないけどさ。

 

 

映った瞬間咳き込んだよ。

 

 

「うぇっへぇー!?」

 

 

って変な大声出しちゃったよ。

 

 

そしたら母が心配して「どうしたの!?」って部屋にきた。

 

いや~、すみません。

 

 

あービックリした。

 


↑室屋さんは?

 

| | コメント (6)

成人式にはちゃんと出ます。

 

横浜のHey-JOEというところであった

 

 

Funky Groovin' NIGHT vol.1

 

 

というライヴに行ってきました。

 

 

出演者の皆々様。

 

上杉 雄一 (sax)

立山 秋航 (dr)

阿部 剛 (sax)

伊計 博司 (tp)

真壁 陽平 (gt)

谷口 喜男 (key)

押越 雪彦 (b)

GUEST Vocal:Chisa・Akaru

GUEST Tp:丸木 英治

 

 

ベースの押越さんがすごくすごい。

 

この方のベース大好きです。

 

チョッパーが素晴らしい。

 

 

ゲストトランペットの丸木さんは気さくでとっても良い方。

 

雰囲気がクマさんみたいで好きでした。

 

 

ヴォーカルのChisaさんが途中でお色直しをしましてね。

 

 

谷間がすごかった。

 

「見ろ!」と言わんばかりのバレーが。 

 

 

ライヴ後に立山さんに話しかけたとき
なんだか機嫌が良かったのはこのおかげか・・・?

 

 

それはさておき。

 

 

今回のライヴではビートルズのカバーとかも聴けまして。

 

ビートルズ好きなのでかなり嬉しかった。

 

 

最近音楽を聴くのが楽し過ぎる。

 

聴いているだけで本当に幸せな気持ちになる。

 

  

もうこれしか言えなくなりますね。

 

 

音楽最高。

 

 

 

ではでは。

 


↑またサックス頑張ろうかな。

 

| | コメント (0)

2006年11月24日 (金)

マシェリかモッズ。

 

奇跡的に朝帰りではなくなりましてございます。

 

 

今回のゲストは小川文明さんという
キーボーディストだったのですが。

 

 

神でした。

 

 

He is God.

 

 

ただすけが緊張していたのが面白かった。

 

それ以上に楽しそうだったのが印象的だった。

 

 

それにしてもあれだね。

 

音というのは本当に個性が出る。

 

いや、当たり前なんですが。

 

 

キーボードもそうだし、ドラムも然り。

 

 

前も言ったけどもう一度言うよ。

 

 

音楽最高。

 


↑今日もライヴへ赴きます。

 

| | コメント (0)

2006年11月23日 (木)

だって生きる糧だもの。

 

ちょっと面白いこと。

 

 

Googleで「立山秋航」か「nang-chang」だけで検索すると。

 

 

このブログが8番目に出てきます。

 

 

なんでしょうこれは。

 

どんな偶然だ。

 

 

検索結果というのは刻々と変化していくものですが。

 

 

あれですか。

 

LINDA LOUさんへの (立山さんへの?)

ポルノさんへの (nang-changへの?)

 

 

同じくらいってことでsky?

 

 

くだらない冗談はさておいて。

 

 

今日はポンすけです。

 

 

ポンプさんがきっと喜ぶであろう物を持って行きますよ。

 

 

毎度お馴染みのオールコースですが。

 

次の日にもライヴが入っております。

 

 

かなりキツイかもね。

 

 

好きで行ってるので贅沢は言えませんが。

 

 

そして26日と27日も連チャンでライヴです。

 

27日に2回行くと言えなくもないのですが・・・。

 

 

詳細は後日。

 

 

ではでは。

 


↑10日間でライヴ6本。

アホかも。

 

| | コメント (0)

2006年11月22日 (水)

事務的にこなしている感じ。

 

録音したまま聴いていなかったラジオを
ガーッと一気に聴きました。

 

 

カフェイン11感想的な何か。

 

 

久しぶりに岡野さんがゲストでしたね。

 

男の不満バッティングセンターがなかなか際どかった。

 

 

新藤さんはあの返しを3回くらい使いましたか。

 

そうですか。

 

 

全部同じ人なら良いですがね。

 

違う人だったら複雑でスネ。

 

 

岡野さんのタンパク質発言には驚きましたが。

 

まあ面白かった。

 

 

NACK5とヤンピースの感想は割愛。

 

 

オールナイトニッポンね。

 

 

あの街頭インタビュー的なコーナーは
かなり微妙でしたね。

 

仕込みなんじゃないかという気がしてしょうがなかった。

 

 

3分に1回は爆笑をとらないといけないとのことでしたが。

 

 

あまり笑うところが無かった気が・・・。

 

 

なんだろうな。

 

 

やっぱりそこまで気持ちが昂ぶらない。

 

好きなんだけどね。

 

 

前までがインフルエンザ級の高熱ならば。

 

今は微熱って感じ。

 

 

すごく中途半端。

 

宙ぶらりんな状態。

 

 

とりあえず買ったままで放置してある雑誌を読もうかな。

 


↑ツアー日程が決まれば・・・。

 

| | コメント (0)

2006年11月21日 (火)

また新しい色合いを魅せてくれた。

 

今日書くことはこれしかないでしょう。

 

 

m-CABI フライングゲット!!

 

 

聴いてみて何も感じなかったら・・・とか書いてしまったけど。

 

大丈夫だった。 たぶん。

 

 

ちょいちょいと感想書いていきましょうか。

 

 

m-NAVI 1 "Ride on!! Blue vehicle!"

 

これは格好良い。

ギターが最高じゃないっすか。

 

 

ハネウマライダー

 

やっぱりシングルとアルバムじゃ音が変ってるね。

輪郭がぼやけた感じがした。

 

 

BLUE SKY

 

爽やか? 可愛い?

 

もう少し聴き込んで様子を見たい曲かな。

 

 

BLUE SNOW

 

広瀬香美の曲っぽい気がしたけど。

刻んでる感じは好きだな。

 

「天気職人」って出しちゃったりしてズルイじゃないか。

最後にちょっとフレーズ入れたりね。

こういう遊びって大好き。

 

そしてサックスが最高だ!!

 

 

Winding Road

 

これもまた変わってた気がする。

特にギターソロが柔らかくなってたかな。

 

 

休日

 

シングル曲に囲まれるべき曲なのか否か・・・。

このCABINETのアクセントになってるのかもね。

 

柔らかい曲調でね。

ほんのりほっこり。

温かい。

 

 

NaNaNa サマーガール

 

休日の後にこの曲はどうなんだろうと思ったんだけど。

 

なかなか面白いじゃないの。

あえてここに置いたって感じか。

 

 

m-NAVI 3 "Ready? Silvia, Geronimo, and Lily?"

 

m-NAVI 1に歌詞を付けたのか。

なんかよく分からない部分があるけど音が格好良い。

 

ひよこ鑑定って・・・バイトヘル2000か?

 

 

月明りのシルビア

 

ベースがめっちゃ森男。

すごくすごい森男。

 

野崎ブラザーズのサウンドは最強だ。

 

 

わざと音質を悪くしてるんだろうけど。

ちょっと勿体なかったんじゃないかな。

もっとクリアな音で聴きたかったかも。

 

 

Mr. ジェロニモ

 

最後のシャウトとか微妙な笑い声とか。

突き抜けてるね。

本当に楽しかったというのが伝わってくる。

 

mystery manっていう部分がミスターリーマンに聴こえる。

 

 

横浜リリー

 

これキタ。

サビ大好き。

 

ちょっと「和」というかなんというか。

今までのポルノさんにはない不思議な雰囲気の曲かな。

 

 

m-NAVI 4 "Let's enjoy till the end"

 

これまた歌詞で遊んでるね。

曲中に他のミュージシャンの名前を出すって面白い。

 

 

ライン

 

イントロのストリングスが
なんだかエンヤとかそんな雰囲気があるんだよね。

 

このギターは好きだわ。

切ない音色っていうのか・・・。

 

「好きになりたくなかった」

この気持ちは痛いほど分かるかもしれない。

 

 

グラヴィティ

 

想像と全然違ってビックリしたよ。

語感から勝手にロックチューンだと思ってた。

 

アルバムのラストを飾るには良い曲かもしれない。

 

横浜ロマンスポルノでやったインストではないよね?

 

なんとなく初めて聴く感じじゃなかったんだけど。

こんな曲ではなかったような・・・。

記憶があやふやだ。

 

 

新藤さんのMelodionは
どこに出てくるんだろうと思っていたら、ラストか。

 

これってピアニカのことだよね?

鍵盤ハーモニカ?

ちょっと違うのかな。

 

可愛らしい音で好き。

なんか遊園地みたい。

 

最後の様子からするとライヴで合唱できちゃうかも?

 

 

NaNaNa ウィンターガール

 

これには感動した。

アレンジでここまで変わるとは。

こっちの方が断然好きだ。

 

グラヴィティのラストから繋がる感じで始まるのもやられた。

これから聴いちゃった人は・・・残念かも。

 

 

こんな感じで。

 

 

うん。

 

やっぱりポルノさん好きだ。

たぶん大丈夫。

 

 

だけど今回は落ち着いた曲が多い気がしないか?

ロックっぽい曲はシングルに集中してる気がする。

 

ロックバンドを名乗るのならもうちょっと・・・ねえ。

 

 

前より距離を置くようになったというのは否定できないな。

 

 

早くツアー決まってくれれば良いんだけど。

 

 

ではでは。

 


↑前より冷静に聴いてるかも。

 

| | コメント (4)

2006年11月20日 (月)

会場が地元って最高。

 

今日はGeneration GAPのライヴに行ってキタジマ。

 

立山秋航さんがドラムをしているサックスのバンドです。

 

 

サックスの音大好き。

 

 

ソプラノ・アルト・テナー・バリトン

 

最高だ。

 

 

キーボードとベースもちゃんといらっしゃってね。

 

チョッパー聴けて幸せ。

 

 

バスドラ・バリトン・ベース

 

重低音万歳。

 

 

立山さんのドラムソロは圧巻だよ。

 

ずっと聴いていたい。

 

 

音楽最高。

 


↑楽器って良いなー。

 

| | コメント (0)

恋心に似て非なるもの。

 

ワンクッション的に映画のお話を久々に。

 

 

デイ・アフター・トゥモロー

 

 

テレビでやっていたので
マニキュア塗りながらうつらうつら見てましたが。

 

 

実際こんなことになったら怖過ぎるね。

 

だけどラストをキレイに終わらせ過ぎなんじゃないかしら。

 

現実はあんなに甘くないと思う。

 

つまらなくはなかったけどね。

 

 

本題はここから。

 

 

ちょっとね、ファンとしてどうかと思った。

 

 

明日ってさ。

 

 

m-CABIフライングゲットできる日じゃん。

 

 

忘れてたに等しい。

 

最近LINDA LOUで頭が一杯だったからかな。

 

ぶっちゃけ今もなんだけどね。

 

 

アルバムがそこまで楽しみじゃない自分に驚く。

 

 

いや、聴けばきっと感動するのよ。

 

 

だけどどうにも気持ちが昂ぶらない。

 

たぶん今、私のポルノさんSWITCHはオフになってる。

 

 

もしアルバム聴いて何も感じなかったらどうしよう・・・。

 

可能性がゼロと言えないのが怖い。

 

 

これはきっと距離の問題なんだ。

 

 

LINDA LOUの方が近い。

 

これは物理的な意味でね。

 

 

ライヴにしろなんにしろ。

 

 

距離が近いと精神的にも近いんじゃないかと錯覚する。

 

親近感が湧く。

 

 

ポルノさんにも親しみやすさみたいなものはあるけど。

 

あんなに間近で、しかもお話なんて出来ないのが現実。

 

 

近いと逆に距離を感じてしまうこともあるんだけど。

 

すぐ近くでお話できるけど埋めようのない距離というのがね。

 

 

所詮「ファン」と「バンドマン」だから。

 

それ以上でも以下でもない。

 

 

なまじ近いと更に思い知らされる。

 

 

彼らの音楽に触れることはできるけど。

 

深いところは・・・ね。

 

 

なんだか脱線した上にまとまりがないけど。

 

ファンとして色々と考えてしまう今日この頃だよ。

 


↑この気持ちは片想いに近いかもね。

 

| | コメント (0)

2006年11月19日 (日)

行って良かったと心の底から思えた。

 

というわけでライヴのお話です。

 

 

Vfts0134 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

LINDA LOU LIVE TRAIN'06

~Third Time Lucky!~

TOUR FINAL OnemanLive

"the Chronicles 下巻"

 

 

何から書いていいか分からない。

 

 

席は最前でした。

 

 

やっぱり立山さんのドラム好きです。

 

 

スティック回しながら叩いちゃったり。

 

左手でフリをしながら右手だけで叩いちゃったり。

 

 

テクニシャン。

 

 

あら、この色だとなんだか卑猥だわ。

 

ま、直しませんけれども。

 

 

Crush on you

 

Distance&Distance

 

ドラムソロ

 

 

この流れが最高だった。

 

 

今回ちょっとヴォーカルの永井さんにもキュンとした。

 

 

「見つめるだけじゃ~」という歌詞のとき。

 

 

見つめられたよ。

 

 

ガン見だよガン見。

 

1番前にいたからね。

 

逸らそうにも逸らせないし。

 

かなり恥ずかしかった。

 

 

ただほとんどの曲が手拍子ってのが鬱陶しい。

 

拳突き上げようぜ。

 

 

あとハコの音響設備が悪いのかなんなのか。

 

はじめの何曲か永井さんの歌声が
全然違って聴こえたのよね。

歌い方を変えたのかな。

 

あまり好きじゃなかった・・・。

 

 

あとハウリングがかなり。

 

音割れも結構。

 

 

不満だったのはこんなところか。

 

 

個人的には神戸のセットリストが神だったんだよね。

 

無理してでも行けば良かった。

 

 

だけど本当に楽しかった。

 

 

ツアーファイナルということもありまして
アンコール2回やりましてね。

 

 

ラストはDarling,say good nightっだったかな?

 

 

ギターのYUさんが涙ぐんでてさ。

 

キーボードのnisaさんもうるうるしてるっぽくってさ。

 

永井さんも然り。

 

立山さんは・・・まあそれはいいじゃないか。

 

 

歌詞もかなり泣ける感じで私もうるっうるでした。

 

 

最後にYUさんがピックくれました。

 

大事にとっとかなきゃ。

 

 

ライヴ後にnisaさんと少しお話できました。

 

その流れで立山さんとも。

 

 

って、両方立山さんなんだよなぁ。

 

nisaさんと立山秋航さんはご兄弟なんです。

 

 

nisaさんのナイスなフリで立山さんとお話できたのさ。

 

nisaさん、ありがとう!

 

 

なんだか箇条書きみたいになってる気が・・・。

 

 

まあいいか。

 

 

あまりレポらしくありませんが。

 

このへんで。

 

 

ではでは。

 


↑行かなかったら絶対後悔してたな。

 

| | コメント (2)

仙台旅行記。

 

無事に生きて帰還いたしました。

 

 

仙台はやはりかった。

 

 

だけどライヴは熱かった!

 

 

ライヴ話の前に仙台観光話諸々を。

 

 

Vfts0116_1  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ずんだ餅。

 

朝の10時からずんだ餅。

 

シャレじゃないけどぽんとに胃にずんとキタジマ。

 

枝豆の味なのにほんのり砂糖の甘さ。

 

うまうま。

 

 

Vfts0117  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

牛たん。

 

先程のずんだ餅がかなりきいていたらしく完食できず。

 

でもなんだかサクサクしてて美味しかったです。

 

 

Vfts0132  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

仙台城跡へ。

 

 

Vfts0122  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

伊達政宗さんを微妙な角度から。

 

馬を覗き込んではいけません。

 

だってねぇ。

 

 

Vfts0118  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ここからは仙台市内を一望できました。

 

 

Vfts0131  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

紅葉にも間に合い嬉や。

 

 

写真ばっかりで長くなってしまった。

 

 

ライヴについては次の記事で。

 

 


↑伊達政宗は身長が159.4cmだったらしいよ。

 

| | コメント (2)

2006年11月18日 (土)

伊達女を目指す旅・5

 

ライヴも終わって帰りのバスの中から更新。

家に着いたら旅行記とかアップしますよ~。

それではおやすみなさい。

さよなら仙台。

 

| | コメント (0)

伊達女を目指す旅・4

 

ライヴまであと2時間。

すごくすごいことが起こるかも。

あー緊張する。

 

| | コメント (0)

伊達女を目指す旅・3

 

牛たん食べましたよ~。

例の如く写真は後程。

 

| | コメント (0)

伊達女を目指す旅・2

 

ずんだ餅食べてます。

写真は帰ってから載せましょうかね。

 

| | コメント (0)

伊達女を目指す旅・1

 

仙台到着。

寒い。

暗い。

 

| | コメント (0)

2006年11月17日 (金)

無謀だってことは分かってます。

 

一夜明けましてノドの痛みはなくなりました。

 

 

が、しかーし。

 

 

悪化しそうな気配が満載death!!

 

 

ノドの痛みと入れ替わるように鼻水・鼻づまり。

頭が重い感覚。

 

 

それになにより。

 

 

耳が詰まってる!!

 

 

風邪が悪化しそうになると耳が聞こえにくくなるんです。

エレベーターとかトンネルに入ったときみたいに。

 

 

こんな状態でライヴを思いっきり楽しめるのか・・・。

 

 

「行かない」という選択肢はありませんから。

 

這ってでも行きますよ。

 

 

nang-chang式ホットウィルキンソンで風邪菌撃退だ!!

 

 


↑生きて帰ってこれるかしら。

 

| | コメント (4)

2006年11月16日 (木)

二兎を追うものは一兎も得ず。

 

昨日のラジオは20日に延期になりましたね。

 

良かった良かった。

 

 

良かった・・・。

 

 

良・・・くない!!

 

 

やばい、その日ライヴだ。

 

カフェイン11予約録音してくから録音できない。

 

一度に1つの番組しか予約できないポンコツなんです。

大体どの機械もそうなの? よく知らないけど。

 

 

急げばカフェイン11が始まるまでに帰れそうだけど・・・。

 

 

ライヴあとはまたーりしたいじゃない!

 

 

感想とか一緒に行った人と話したいじゃない。

 

 

カフェイン11は
岡野さんがゲストだから絶対聴き逃したくないし。

 

ストリーミング放送を聴くという手もあるけど。

 

 

録音したいじゃないか。

 

 

録音したものを聴き返したことは
数えるほどしかないけど。

 

 

結局ミュージック・スクエアは聴けない運命だったようです。

 

 

・・・ま、いっか。

 


↑ラジオなんかいっそ出なくて良いよ。

 

| | コメント (2)

イガイガ ジリジリ。

 

いよいよ明日の夜に仙台に出発するわけですが。

 

 

ノドがすごくすごい痛い。

 

 

母の風邪が感染った風味。

 

 

勘弁してください。

 

 

なんでこういつもタイミングが悪いんだ。

 

薬飲んで暖かくしていないと。

 


↑生きて仙台に辿り着いてやる。

 

| | コメント (0)

2006年11月15日 (水)

どんな星の下に生まれてるんだ。

 

 

津波?

 

 

臨時ニュースの放送になってますが。

 

 

NHK-FM ミュージック・スクエアは延期?中止?

 

 

ポルノさんのタイミングの悪さには脱帽だわ。

 

彼らってどうしてこうケチが付きやすいんだろう。

 

 

録音の準備もしてスタンバイしてたのに。

 

あー、阿呆らし。

 


↑危険地域の方は速やかに非難を!!

 

| | コメント (6)

確率論なんてどうでもいいけど。

 

学校の友達にLINDA LOUさんの
CDとDVDを貸したのですよ。

 

 

なかなか好感触だったようで。

 

してやったりです。

 

 

自分が好きなものを
他の人が気に入ってくれるのはとても嬉しい。

 

 

それにしてもあれだね。

 

本当にこのLINDA LOUさんとの出会いはね。

 

 

奇跡に近かった。

 

 

ポルノさんのサポートをNAOTOさんがやっていて。

 

そのNAOTOさんのライヴによく哲朗さんが出ていて。

 

哲朗さんのセッションに立山秋航さんがたまたま出ていて。

 

 

どんだけ遠い繋がりだよ!!

 

 

むしろまったく繋がってないと言って良いかも。

 

 

だけど自分の好きな音楽から輪が広がっていく。

 

新しい音楽と出会う。

 

 

こういうのってすごくすごい素敵じゃない?

 

 

音楽を聴くのが楽しくてしょうがない今日この頃です。

 


↑音、思いっきり楽しんでますよ。

 

| | コメント (0)

2006年11月14日 (火)

所詮は横浜の片田舎だよ。

 

今日ポルノさんが出演するラジオ。

 

 

我が家には電波が入らないことが判明。

 

 

しょぼーん。

 

 

なんで東京用の電波で入らないんだ。

 

一応お隣さんなのに。

 

 

ま、良いけどね。

 

 

WHAT's IN?買いました。

 

 

新藤さんフワッフワだね。

 

ちょっと岡野さんに分けてあげたいね。

 

 

アルバム聴くのに変な先入観持ちたくないから
今回は発売まで内容を読むのは控えてみようかしら。

 

読んでも聴く頃には忘れてそうですがね。

 

 

18日のスペイン坂は大変なことになりそうだね。

 

私はその頃仙台ですが。

 

 

ちょっと見に行ってみたかったけど。

 

ライヴには代えられません。

 

 

そうそう。

 

大学への編入試験ですが。

 

 

無事合格したジマー!!

 

 

これもひとえに皆様の応援のおかげ。

 

ありがとうがざいもす。

 

 

ではでは。

 


↑こちらの応援もよろぴこ。

 

| | コメント (5)

「アレ」ってなんじゃい!

 

はっきり言わんかい!

 

ってことで。

 

 

カフェイン11感想的な何か。

 

 

もっと面白い話ないん?のコーナーの
ホーンテッドガールはすごかったね。

 

どんだけ注意力散漫なんだ。

 

ある意味神だと思った。

 

 

そして男の不満バッティングセンター

 

 

「相談してるだけなのにどうしてお説教になるの?」

 

この返しはこれしかない。

 

 

「優しくするだけが、愛じゃないだろ?」

 

 

カッキーン!!

 

 

と、自分で言ってみましたが。

 

どうですか? 打ち返せましたか?

 

 

って。

 

 

女が打ち返してどうする!!

 

 

コーナーの感想はこの辺にして。

 

 

今週もm-CABIから流してくれましたね。

 

 

休日

 

 

じっと目を瞑って聴いていましたが。

 

 

白い、温かい光がじわーっと広がる感じ。

 

お昼寝したくなります。

本当にうたた寝しそうになる。

 

声を重ねてあるのが良かった。

 

  

だけど新藤さん。

 

この曲に対して「本当のこと」って言っちゃあかんわ。

岡野さんファンがりますよ(苦笑)

 

 

で、感想メールを出すのが宿題だそうですが。

 

出さなかった場合は大ちゃんが直接集めに来ると?

 

 

だったらむしろ送りたくないのですが。

 

 

こう思ったのはきっと私だけではないはず。

 

 

それでは今週はこの辺で。

 

また来週~。

 


↑来週ついに岡野さん登場。

 

| | コメント (2)

2006年11月13日 (月)

漢を呼んでほしかった。

 

 

ゲストなしってどういうことですかー!!

 

 

贅沢は言えませんが・・・。

 

 

あとこれは別の方に向けて。

 

 

なにごっちライヴなんか入れとんじゃー!!

 

 

あれか。

 

ウミガメにならないためか。

まろやかさを求めてみたのか。

 

今度試してみようかな・・・。

 

 

上の写真の場所って京都駅だよね?

 

行ったことあるよ。

めっちゃ見覚えあったよ。

 

夜行バスで行って夜行バスで帰ってくるという
0泊3日弾丸ツアーしたんだもの。

 

あれはなかなかキツかった;

 

 

今度の仙台もそんな感じですがね。

 

 

そうそう。

 

不思議な検索ワードでどなたかがキタジマ。

 

 

「LINDA LOU 晴耕雨読」

 

 

なんで!?

 

 


↑メールフォームなんぞつけてみました。

メッセージいただけたらすごくすごい喜びます。

 

| | コメント (0)

ポルノさんバトン

 

久しぶりにバトンでもやりましょうか。

 

小説のようにのさやかさんからいただいてきました。

 

 

ポルノさんバトン

 

Q1.口づけと薔薇の花、先にどっちが欲しい?

両方貰えるならどっちが先でも良い。

でもどちらかというと薔薇の花が先の方が良いかな。

インパクトの大きい方が後の方が驚きそうだし。

 

Q2.そちらは晴れてごきげんですか?

風が強くて寒かったけど、気持ちの良い快晴だった。

今はLINDA LOUさんの曲を聴いていればごきげんよ。

 

Q3.男の甲斐性、わかっている?

甲斐性ねぇ・・・お金だけがすべてではないよね。

優しさが大切だよ。

 

Q4.頼りないバランスで空まで届くビル、蹴った事は?

そのビルのすぐ近くには行ったことあるよ。

蹴る勇気はない。

 

Q5.君、酒飲めないんだっけ?

それなりに飲めます。

シェリーは飲んだことないけどね。

 

Q6.グラスに沈めたい友はいる?

沈めたい奴ならいるよ。

だけど沈めたいと思う時点でそれは友ではない。

 

Q7.白い羽が欲しい?宙に舞うメリッサの葉になりたい?

ふわふわゆらゆら。

たゆたうのも良いかもね。

 

Q8.ねぇ、なぜヒーローはいない?

今の時代みんな自分の事で精一杯なんだよ。

あと子供が現実的になったからかもね。

 

Q9.例えば今君のその手に願い事たった一つだけもしも叶えられる力を持つなら一体何を手にいれたい?

何か1つ、誰にも負けない能力が欲しい。

音楽的な才能だったら最高だ。

 

Q10.君も幸せについて考えてみてよ。

幸せってものは人それぞれだけど。

とりあえず美味しいご飯が食べられて幸せだった。

 

あと好きな音楽を聴ければそれだけで。

 

★あなたのポルノ友達に回しましょう。(何人でも可)

じょにーさんにやっていただきたいです♪

 


↑やってみたい方はご自由にお持ち帰りください。

 

 

久しぶりにポルノさんの曲を聴いた。

 

LINDA LOUさんのライヴに行ってから
ずっと聴いてなかったことに気づいた。

 

カフェイン11では聴いていたけど
自分から聴こうとは思わなかった。

 

なんとなく聴く気になって聴いてみた。

 

シャッフル機能で聴いて
1曲目が空想科学少年だったんだけど。

 

何故だか泣きそうになった。

 

やっぱりめてなんかないや。

 

彼らの音楽は私の原点だ。

 

 

私の中での彼らの重要性に気付けた記念にテンプレートチェンジ。

 

むらっさき仕様。

 

| | コメント (6)

2006年11月12日 (日)

これで落ちてたら笑える。

 

編入面接受けてキタジマー。

 

 

びっくりした。

高校生も一緒だった。

 

 

時期的に指定校推薦かな?

 

周りは皆ピッチピチで若いのに
その中になにやらスーツで微妙に老けた奴が紛れててさ。

 

 

めっちゃ浮いてたから!!

 

 

勘弁してほしかったわ。

 

しかも隣に座ってる男の子が
めっちゃ緊張してるみたいでさ。

何度も何度も溜息してたの。

 

こっちまで緊張してくるじゃないの。

 

 

で、いざ面接ですが。

 

 

5分で終わった。

 

 

大方予想はしてたけどね。

 

こんなの推薦してくれることが決まった時点で
受かったも同然みたいなところがあるからね。

 

 

あの男の子に「そんなに緊張しなくても大丈夫よ。」
って教えてあげたかったわ。

 

 

合格発表は14日だけど多分大丈夫だとは思う。

 

 

これで1つ肩の荷おりた!

 

 

それはさておき。

 

 

これからポルノさんの露出が増えてきますね。

って、これじゃなんだか脱ぐみたいじゃないか。

 

 

冗談はさておき。

 

 

ラジオ出演が多いようですが。

ラジオ聴くのって面倒くさいんだよね。

 

チャンネル知らないからどこに合わせるのか調べて
その時間はそこに縛り付けられて。

これが苦痛でしょうがない。

 

 

オールナイトニッポンってAM?

 

アンテナ繋がなくちゃいけないし。

 

 

最近ポルノさんの情報を得るのが億劫になってる。

ちょっとめてきたのかなぁ。

 

 

めたというより
丁度良い距離を保てるようになったのかもしれない。

 

CDが聴けてライヴに行けて。

たまにテレビとか雑誌に少し出てくれれば充分。

 

そんな気がしてきた今日この頃。

 

 

反対にLINDA LOU熱は上がりっぱなしですが。

 

 

これもさておき。

 

 

NAOTOさんのチケット発券しましたよ。

 

 

似唯さん、私やったよ!

 

ちょっとしたミラクルです。

最前ではないけどかなり前です。

 

 

ちょっとした私信でした。

 

 

そしてこちらはある方に私信。

 

大丈夫です。

辛うじて生きてます。

 

 

ではでは。

 


↑いつも読んでくださってありがとうがぜいもす。

 

| | コメント (1)

2006年11月11日 (土)

Yシャツにアイロンかけなきゃ。

 

そういえば今日はポッキープリッツの日?

 

あとPS3の発売日?

 

 

どちらも私にはそう大して関係がないけど。

 

 

それより明日が大変だ。

 

 

編入面接

 

 

どんなこと聞かれるんだろう。

 

そして何分ぐらいやるんだろう。

すぐに終わると良いな;

 

そんなに話せることなんて無いよ。

 

 

ちゃんとスーツに身を包み、受験票だけは忘れずに。

 

 

日曜日に面接って・・・面倒くさ。

 


↑悲しいことに急降下; よろしくお願いいたします。

 

| | コメント (2)

あまり実感が湧かない。

 

おっと・・・。

 

 

NAOTOさんのチケット取れちゃったよ。

 

 

嬉しいけれど。

 

 

払えるのかなぁ(爆)

 


↑死んでも払いますがね。

 

| | コメント (3)

2006年11月10日 (金)

歩くのも苦にならない。

 

今日は横浜で買い物しました~。

 

 

いタートルのカットソーと
その上に着れるフワッとしたやつ。

大ぶりのネックレス。

ヴィヴィアンのハンケチーフ。

2007年の手帳

 

  

手帳はちょっとばかし妥協して購入。

 

見た目が気に入ったものは中身が使いにくかったり
中身は良くても見た目がアウトだったり。

 

 

で、中身がベストの物を買ったわけです。

書き込みしやすいものじゃないと使わなくなるからね。

 

見た目は好きなステッカーとか貼れば何とかなるし。

 

手帳選びは難しいよ。

 

 

それにしても買い物は本当にストレス解消になる。

お金使うのって楽しい。

 

あとが辛いけどね。

 

 

だけどもっと冬服を揃えないと;

 


↑女って面倒くさい。

 

| | コメント (0)

4年ぶりだったり8年ぶりだったり。

 

クラス会行ってキタジマ。

集まった人数的にはクラス会とは言えなかったけど。

  

少人数ならではの楽しさは満載だった。

 

 

何回「懐かしい」って言ったか分からない。

 

本当に懐かしかった。

 

 

これからちょくちょく会えるようになると良いな。

 


↑飲み会最高。

 

| | コメント (0)

2006年11月 9日 (木)

行き当たりばったり?

 

今日はなんと小学校6年生のときのプチクラス会です。

 

 

誰が来るか詳しく知らないけど
7~8年ぶりに会う人も多いはず。

 

 

なんだか緊張してしまう。

変な感じ。

 

 

みんながどんな風になっているか楽しみだ。

 

 

それにしても小学校卒業してから8年も経つのね。

 

忘れられてたりしたらシャレにならん。

 


↑どこに行くかも知らないよ。

 

| | コメント (0)

2006年11月 8日 (水)

この1週間後には金沢だよ。

 

Vfts0116  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

買っちゃった!!

 

 

自分でも驚いた。

まさかここまで好きになるとは。

 

 

往復の夜行バスの切符も購入済み。

出発日と時間が合っているか何度確認しても不安になる。

 

 

17日の夜 横浜を出て、18日の朝 仙台駅に到着。

そして18日の夜の便で帰る。

 

 

滞在時間約18時間!

 

 

まさにとんぼ返りだね。

 

 

たった1人で仙台か・・・。

 

寂しいけど楽しみ。

 

 

迷子にならないように
会場周辺をしっかり調べていかないと。

 

ライヴまでの12時間 何をしていよう。

 


↑ちょっと遠征し過ぎかも? 気にするな 気になるから!

 

| | コメント (2)

2006年11月 7日 (火)

抜け出せません。

 

LINDA LOUをずっと聴いているのですが。

 

 

やばいよー。

 

 

聴けば聴くほど好きになるよー。

 

DVD見れば見るほど好きになるよー。

 

 

18日にライヴあるんだよね。

 

 

仙台で。

 

 

11日の神戸は交通費も高いし
編入面接の前日だから絶対無理として。

 

仙台はツアーファイナルなんだよ。

 

 

めっちゃ行きたい!!

 

 

でも一緒に行く人がいない。

 

 

夜行バスで1人で行って?

 

帰りもまた1人で夜行バス

 

 

寂しい!!!!!

 

 

だけど行かないと後悔しそうな気がする。

 

 

あーもう。

 

 

なんでどこでもドアが無いんだ!!

 

 

行きたい・・・。

 


↑牛タン・笹かま・萩の月・・・。

 

| | コメント (0)

会報の締め切りには間に合ったのかしら。

 

いつもより生放送で嬉しさ倍増。

  

 

カフェイン11感想的な何か。

 

 

お魚様の話題が出ましたね。

 

様になってしまったお魚様も多いようですが。

諦めずに新たなお魚様を増やしたそうで。

 

フグの呼び名は簡単に想像がつきました。

 

 

そしてやはりこの話をしなくては。

 

 

ライン

 

Mr.ジェロニモ

 

 

オンエアー!!

 

 

まさか2曲も流していただけるとはね。

その上来週もあと1曲流すなんてね。

 

 

太っ腹!!!

 

 

感想はといいますと。

 

 

ラインはミドルでホロリときてしまう。

 

新藤さんにしては歌詞がストレートな気がしたかな?

良い曲です。

 

 

Mr.ジェロニモは「最後まで聴けば・・・」ということがよく分かった。

 

岡野さん楽しそうです。

ライヴで聴きたい。

 

 

あまり詳しく知りたくない方もいらっしゃると思いますので
この辺にしておきましょう。

 

 

来週は何を流してくれるのか。

 

希望としては月明りのシルビア横浜リリーが聴きたい。

 

 

それでは今週はこのへんで。

 

また次回。

 


↑岡野さんが近々いらっしゃるそうです。

 

| | コメント (2)

2006年11月 6日 (月)

顔は認識できません。

 

のだめカンタービレ第4話。

 

 

エキストラ出演してきましたが。

自分じゃないと分からない程度に映っていました。

 

近くに目立つ人がいたからね。

その方を目印に見つけることができた感じ。

 

 

でもドラマを作るのって本当に大変なのね。

 

何回も何回も撮り直して、撮影に何時間もかかって。

使われるのはほんの少しだもんね。

 

 

いや~良い経験したわ。

 

また何かのエキストラ行きたいな。

 


↑それにしても玉木と瑛太格好良いわね。

 

| | コメント (2)

忘れちゃいけねぇ。

 

今日の のだめは必見だ!!

 

 

映るかな~。

 

映ると良いな~。

 

 

カフェイン11も絶対聴き逃せません。

 

m-CABIからラインを流すんだと。

 

作詞が新藤さんで作曲が岡野さんか。

 

 

どんな曲だろう。

 

 

アップ?

ミドル?

 

 

楽しみだね。

 


↑m-NAVIは全部岡野さん作曲なのね。

 

| | コメント (0)

2006年11月 5日 (日)

出会いには別れが伴うものなのか?

 

この前ライヴに行った
LINDA LOUというバンドのCDを聴きました。

 

 

良いね。

肌に合います。

 

 

だけど「これ好きだな」と思う曲思う曲
何故かドラムの立山さんの作曲が多い。

 

 

ポルノさんに「ポルノらしい曲」と言われるものがあるように。

LINDA LOUにもたぶんそれがあって。

 

それはウキウキするような
明るい可愛らしい曲がそうなんだと思うんだけど。

 

 

そのタイプの曲も好きなんだけど
私が気になったのはちょっと違う雰囲気のものばかりで。

 

それが立山秋航さんの曲のことが多くて。

 

 

あれだけ心惹かれたのは
やっぱりそれだけの理由があったということか。

 

見た目が好きだから曲も好きとか、
そんなまな気持ちではないですよ。

 

 

聴いているうちに新たな発見もできた。

 

どうやら私は3拍子の曲が好きみたい。

好きだなって思うと3拍子のことが多い。

 

 

ポルノさんの曲には3拍子ってあったっけ?

 

思い出せない・・・。

 

 

それはさておき。

 

 

川端孝雄さんの曲も好きだった。

 

 

詞が好き。

一癖ある感じが良い。

 

 

この方はベースだったのですが。

 

悲しいことに去年脱退してしまわれたようで。

 

 

またこのパターンかい;

 

 

なんだろうね。

 

私はこういう星の下に生まれているのかね。

 

 

ポルノさんのときと同じじゃない。

 

誰かが抜けてからそのバンドが好きになって。

その人の曲も好きになって。

だけどもうその人はそのバンドにはいなくて。

 

パートも同じってどういうことさ。

切ないなぁ。

 

 

なんだか変なジンクスができそうで怖い。

 

 

なんにしても。

 

 

とても良いバンドなので
興味を持たれた方は是非聴いてみてくださいな~。

 


↑音楽の素晴らしさを噛み締められる幸せ。

 

| | コメント (3)

黄色い歓声なんか要らない。

 

ASIAN KUNG-FU GENERATIONの
フィードバックファイルを聴いた。

 

 

Bonus Live Tracksがすごくすごい。

  

 

ライヴ音源が収録されているんだけど。

 

CDを聴いてあんなに鳥肌が立ったのは久しぶりだった。

音を聴いただけでそこがどんな空間かが伝わってくる。

 

 

DVDを見てみたら思った通りだった。

無数の拳が突き上げられていた。

 

 

私はあれを求めていたのかもしれない。

私はあれを求めていたんだ。

 

 

彼らのライヴもああなれば良いのに。

 

 

席なんか要らない。

イスなんか要らない。

 

ただ拳を突き上げられれば良い。

体を揺らせれば良い。

 

 

あそこに行こう。

行ってこよう。

 


↑男らしい声を。

 

| | コメント (0)

2006年11月 4日 (土)

入れ食い状態なのかしら。

 

編入とか課題とか。

なんとなく肩に重く伸し掛かっていたけれど。

 

編入の申し込み書類を書いてしまったらちょっと軽くなった。

手を付けずに気ばっかり焦ってたのがいけなかったみたい。

 

課題もぼちぼちやっつけなきゃね。

 

 

それはさておき。

 

 

B=PASS買ったまま まだ読んでない;

早く読まなければ。

 

 

カフェイン11は録音しておいたやつを聴きましたよ。

 

ちょっくら感想的な何かを。

 

 

今回私が1番喰い付きたかった話題は

 

 

パンツ

 

 

どうして2軍だと恥ずかしいんだろう。

 

だってパンツなんて
そうそう人に見られるものでもないじゃない。

ステージ衣装に着替えるときに見られるから?

 

 

・・・違うよねー。

 

 

あれでしょ。

やることやるときにダサいパンツじゃ格好悪いからでしょ。

 

何をやるのかはご想像にお任せしますが。

 

 

あなたのパンツならいくらでもいただきたい。

なんちて。

 

 

さて。

 

買ったまま聴いてないCDでも聴きますかね。

 


↑地方ホニャララ。

 

| | コメント (0)

2006年11月 3日 (金)

揺れる・ゆれる・ユレル。

 

姫に愛に逝ってきました。

 

 

人間揺り籠で引き込まれ。

 

Limelightを聴いて泣きそうになり。

 

森男の指弾きに憧れを抱き。

 

サミーさんの太く、重いギターにやられ。

 

ドラムとベースの重低音に内臓を揺らし。

 

鳴る、鳴る、鳴る、鳴る、耳が鳴る。

 

音の洪水にのまれ流され。

 

早く新曲を聴こう。

 


↑彼はいなかった。

 

| | コメント (0)

貢物持参で。

 

ココログフリーのアクセス解析が
なんだかすごくすごいパワーアップしてる。

 

忍者ツールズと同じように細かくなった。

 

 

だけど9月からしかカウントされてない項目もある。

不具合も出てるみたいだし。

 

 

使い方に慣れるまでは忍者の外せないわね。

 

 

それはさておき。

 

 

今日もまたライヴです。

姫に愛に逝きます。

 

新しい音源を発売するそうです。

そして演奏も長めらしいです。

 

楽しみ過ぎる。

 


↑何を聴かせてくれるのかしら。

 

| | コメント (0)

2006年11月 2日 (木)

変な曲が1番好きでした。

 

今日は渋谷BOXXでの
LINDA LOUというバンドのライヴに行ってキタジマ。

 

哲朗セッションでパーカッションをやっていた
立山秋航さんがドラムをやっているバンドです。

 

 

曲をほとんど知らない状態で行ったんだけど。

 

 

かなりキタよー。

 

 

好きかも。

特にロックロックした曲が大好きだ。

 

ほとんど立山さん目当てに行ったんですがね。

いやー、行って良かった。

 

 

ただ、ノリの良い曲はなんでも手拍子ってのがちょっと。

ロックな曲は拳を突き上げたい・・・。

 

 

だけど勢いに任せてアルバムとDVD買ってしまった。

だってDVDはライヴ会場限定っていうから・・・。

 

ちょっとやっちゃったかも;

 

 

それはさておき。

 

このバンドのヴォーカルがさー。

くりぃむしちゅーの有田そっくりでさー。

気付いた瞬間笑いをこらえるのに必死だった。

 

 

だけど歌は上手い。

音も安定してるし、伸びが良い。

 

ヴォーカルの声に魅力を感じなければ
アルバムなんて買いませんって。

 

 

こんな感じで。

 

また良い音楽に出会えた素敵な日でした。

 


↑メガネをかけた方がもっと素敵ですよ。

 

| | コメント (0)

LIVE"RE・BODY" Report 5

 

MCとか総評とか色々。

 

 

今回MCがそんなに長くなかったんですよね。

だから内容もあまり・・・はい。

 

1つだけなんとなく覚えているのが桃太郎電鉄の話。

 

 

岡野さん
「ワシらは昨日から札幌に来ていましたが、
昨日の夜は何してたと思います?札幌といえばねぇ・・・。」

 

お客さん
「「「すすきの~?」」」

 

岡野さん
「と思うでしょ? 桃鉄やってました。
目的地からかなり遠くて一か八かで
ぶっ飛びカードを使ったら旭川に着いてしまった。
わしずっと北海道におったよ。」

 

と、確かこんなことを話していたような。

 

 

新藤さんはというと。

 

 

「今夜はすすきのを買い占めます。独占します。」

 

 

と宣言。

 

それはゲームの話?

 

・・・両方か。

 

 

MCはここらで。

 

 

ライヴが終わって会場の外に出たら
スタッフさんがポカリ配ってるの。

1人に1本。

 

一瞬、大塚製薬太っ腹だなーと思ったけど。

ちょっと待った。

 

 

今回のキャンペーンで一体何本売り上げたの?

各会場で1人1本配るくらい
どうってことない数売れたわよね?

 

 

私は騙されないぞ!

 

誤魔化されないぞ!!

 

 

いつもの何倍も売れているはずなのに
そのお返しがまたポカリなんて。

しかも1本って、ケチ臭い。

 

何本もくれても困りますがね。

嫌がらせだと思いかねないよ。

 

 

グチはこのへんで。

 

 

ライヴ中、新藤さんのコーラスがかなり聴こえたの。

 

じーっとアヒル口を見つめてしまったよ。

歌ってるときの唇の動きが・・・可愛い。

 

 

でもさ、気付いたよ。

ライヴ中も脳みその隅っちょでは考えていたけど。

 

 

ウエンディの薄い文字は?

 

 

歌ってないYO!!

 

 

危ない橋は渡らないのか。

冒険はしないのか。

 

もう3~4回失敗してるのに。

 

 

今更何を失うことがある!

 

 

MCで触れもしなかったからね。

生で聴きたかったよ。

 

このライヴで歌わないんじゃ出した意味半減じゃないか?

 

いつか聴ける日が来ることを願おう。

 

 

これももしかしたらグチか?

いやいや、希望のはず。 たぶん。

 

 

そうそう、ギターの演奏について触れてなかったよ。

 

テレキャスターレスポール
こげ茶の変った形の(名前が分からない)
いつものように色々使ってたけど。

 

やっぱ格好良いわ。

 

ギターソロはライヴ用にアレンジされていたのもあるし
CDのままっぽいのもあるし。

  

デッサン#1が今までの音のない森とか
Twilight,トワイライトみたいな位置づけになっていたと思う。

 

そのギターソロも良かったよ。

イントロ聴いたときも鳥肌ものだったけどね。

 

 

セットリストが最強だったからね。

ある2曲を除いてですが。

 

 

だけどこれにも思うところが。

 

あのセットリストは
キャンペーンなんかのライヴでやってはいけないと思う。

「なんか」って言ったら失礼かもしれないけど。

 

正直そう思いません?

 

行けなくて涙を呑んだファンが何人いるよ?

 

私もそのうちの1人だったんだから。

本当に連れて行ってくれた方に感謝だよ。

普通に先行予約とかでハズレるのとは重みが違うよ。

このキャンペーンは平等とは思えないからね。 

 

 

すごく楽しかっただけにちょっと残念な気持ちにもなる。

色んな意味で伝説的なライヴになるんじゃないかな。

 

 

たくさんのことを感じる、
目まぐるしくも素晴らしいライヴでした。

 

 

これにてレポ終わり!!

 

 

横浜ロマンスポルノのときと比べたら
幾分コンパクトになったかな?

 

それでもやっぱり長いなー。

 


↑ここまで読んでくださってありがとうございました。

 

| | コメント (6)

2006年11月 1日 (水)

LIVE"RE・BODY" Report 4

 

アンコールに入ります。

 

初めての人が多いからかいつもより速めの手拍子。

 

お! あのちょっと恥ずかしい
ポルノ チャチャチャが無くなるか!!

 

と思ったけどダメでした。

やっぱり強いわ。

このアンコール別のに変らないかなー。

 

 

そして再び皆さん登場。

 

岡野さんがポルノTシャツ

新藤さんはバイクTシャツ

横浜ロマンスポルノではエンブレムTシャツだったから
着ている姿が見れて嬉しかった。

 

でね、拝みました。

 

新藤さんが歓声に応えて手を上げた瞬間。

 

 

アヒルのギャランドゥ!!

 

 

初めて見ました。

結構近くにいけたおかげ。

チラリズム万歳。

 

変態でめんちゃい。

 

 

そういえば出てくるまでかなり長く感じたのよね。

たぶんあれはアヒルの髪の毛を
セットしなおすのに時間が掛かったんだと思う。

出てきたら綺麗になってたもの。

 

 

岡野さんのこのツアーで初めてやる曲という紹介で。

 

Swing

 

今回は本当に驚きの曲ばかりだった。

 

うるうるしますよ。

 

涙がー、汗がー。

垂れ流しです。

 

 

歌詞に「虹」が出てきたところで
上にある7つの照明が虹色に並んだんですよ。

あれはかな感動的だった。

 

 

そして更に感動の出来事。

 

この曲、最後の音が鳴り止むまで拍手が起きなかったの!!

それだけ皆が曲に入り込んでたってことよね?

めっちゃ嬉しかった。

 

 

でも拍手中の名前を呼ぶ声でちょっとぶち壊し。

もう少し空気を、ね。

 

 

そしてまた軽く岡野さんの曲紹介。

何がくるかと期待していたら。

 

 

「因島でライヴをやって・・・。」

 

 

まさか、また?

そのまさか。

 

愛が呼ぶほうへ

 

この曲は大好きだよ。

本当に好きだよ。

 

だけどいい加減これに頼るのは止めた方が良いと思う。

あれだけ聴く人の心を捉えられるんだから
そろそろ出し惜しみしなきゃ勿体ないと思う。

 

こんな感じでね。

メリッサと愛が呼ぶほうへはちょっと不満が残ったという話。

 

 

ここからは明るく行こう!

 

 

ラストといえばこの曲。

 

ジレンマ

 

いつもと違ったソロ回しで面白かった。

 

1番驚いたのは本間さんのとき。

お得意の微妙な長州小力のモノマネをする本間さん。

 

いやいやこれに驚いたんじゃないよ。

 

そのとき岡野さんが叫んだ名前だよ。

 

 

「nang-chang!」

 

 

・・・nang-chang!?

 

 

ななななnang-changキタジマー!!!

 

 

キャップかぶってキーボードのところにいるYO!

めっちゃ笑ってるYO!

 

ライヴ中で1番テンション上がったかも。

すみません、彼が好きなんです。

 

途中から真ん中らへんでテルミンやってた。

 

どうせなら最初からいれば良かったのに。

いや、でもあれだからこそあそこまで盛り上がったのかも。

 

 

でラストか。

 

生声?

 

・・・覚えてないよー;

 

岡野さんはいつもの通り
「また会いましょう!」だったかな。

新藤さん・・・
「ポカリ沢山飲んで来てくれてありがとう。」だった。

気がしないでもない。

 

 

最後はありがとうの声とか歓声でいっぱい。

本当に楽しくてスペシャルなライヴだった。

 

 

はい、こうして大盛り上がりでライヴは終了いたしました。

 

次の記事はMCとかまとめとかちまちま書きますよー。

 


↑日付が変ってしまう。

 

| | コメント (0)

LIVE"RE・BODY" Report 3

 

順調に書けてますか?

 

 

まほろば○△

 

これもむらっさき以来やってないよね?

 

イントロのウーウーいうコーラス(?)
をやってくれなかったのが残念だったけど。

意外な曲で嬉しかった。

 

 

そしてまたまたびっくり曲。

 

PRIME

 

始まった瞬間相方さんと顔を見合わせた。

 

 

「「PRIME??」」

 

 

って見事にハモったよ。

あまりにも反応が被ったからちょっと面白かった。

 

 

オーォ イエーェ!

オーォ イエーェ!

 

 

この掛け合いがめっちゃ気持ち良かった。

 

 

そしてCentury Loversの煽りへ。

 

煽りの前がかなり盛り上がる曲で
終わった後歓声上げたかったんだけど
すぐに煽りの音が始まっちゃったから
若干不完全燃焼的なところがあったのよ。

 

PRIMEやった場所がちょっと自信なかったけど
多分あってるんじゃないかなぁ。

 

 

では煽りの内容を。

 

 

久々にバリエーション豊かだった。

 

小さめにやらせたり
悲しそうにとかお腹が痛そうにとか。

 

肉が食べたい、
ジンギスカンが食べたいなんてのもあったかな。

~が食べたい系ではかなり声出てました(笑)

 

 

煽りが終わって曲に入る。

 

 

Century Loversの見所といったら
岡野さんのアレしかないでしょう?

 

 

股間ダンス!!

 

 

この名称はかなり違う気もするけど。

気にするな 気になるから!

 

 

これも久しぶりにかーなりネチっこかったよ。

長かった。

 

 

この擬音を使って良いのかかなり迷うところだけど・・・。

 

 

カックンカックンしてた。

 

 

あえて何処がとは申しませんけれども。

皆さんには分かっていただけるでしょう。

 

 

そしてポカリスエットのCMソングが続きまっす。

 

ミュージック・アワー

 

あの狭い空間での変な踊りは
かなり厳しいものがありましたがね。

 

最後転調するところでキーを上げてなかったのは
デッサン#1リビドー連続なんていう
無茶をしてくれたから全然構わないさ。

 

 

ただ。

 

うさぎちゃんは好きじゃない。

今回は岡野さんもやってなかったしね。

 

頭の上でピコピコやられると前が見えなくなるっつーの。

 

 

岡野さんが

 

アイヤアイヤ アイヤソーソー

 

って沖縄風のやってくれたから満足ですがね。

 

 

じゃ次。

 

ハネウマライダー

 

この2曲の並びには
若干大塚製薬からの圧力を感じてしまうのですが・・・。

 

それはさておき。

 

岡野さんタオルぶん回してた。

あの長いハネウマタオルをよ?

 

狭い客席でやられるのは正直嫌なんだよね;

 

短く持ってくれる人は良いの。

考え無しに長いまんまぶん回す奴が嫌いなの。

 

 

そうだついでに書いておこう。

 

 

ぼんぼんがついたニット帽かぶるな!!

 

 

目の前にいたんです。

見えやしねえ。

何度むしり取って後ろに放ってやろうかと思ったか。

 

札幌が寒いのは分かるよ。

 

だけどライヴハウスではマナー違反も甚だしい。

おだんご頭とかも避けたほうが良いかもね。

 

もっと激しいバンドのライヴだったらかなりヤバイよ。

殺されかねませんから。

 

これは言い過ぎにしても
確実に帽子は取られるしおだんごは破壊されますよ。

 

 

はい、これについては以上。

 

次の記事へ続きます。

 

 

また批判っぽくなってしまった;

 

でもマナーはマナーだし、
これくらいは言っても平気・・・だよね?

 


↑初めましてのあなたもポチッとお願いします。

 

| | コメント (0)

LIVE"RE・BODY" Report 2

 

スピードアップできるかな。

 

 

ラテンのリズムが聴こえだし
チャッチャ チャッチャッチャッの手拍子。

 

アゲハ蝶

 

この前にしたMCで岡野さんが
初めてポルノのライヴに来た人という質問に
結構な人数が手を挙げていたのですが。

 

徐々に大きくなる手拍子というのは
何回聴いてもワクワクしてきます。

 

 

だけど岡野さんやっちゃった。

お分かりでスネ。

 

間違えたよー。

 

「旅人は答えた」のあたりだっけな?

歌詞が出てこなくて「つっ」って。

 

 

「つっ」ってなんだ?

 

 

すぐに持ち直して一安心でしたが。

 

  

次の曲は一瞬なにか分からなかった。

イントロ聴いて、あの詰まった歌詞を聴いて
やっと感動が押し寄せてきた感じ。

 

INNERVISIONS

 

これも若干歌詞が怪しかったけど
やってくれたことに感動だよ。

 

最後の1.2.3.4.5!の4で
タメを入れてたのがライヴ!って感じで良かったな。

 

 

次の曲

 

Devil in Angel

 

予想的中。

やっぱりこれはライヴでこそ生きる曲だ。

 

間奏とかのジャッジャッ ジャーンのところ(分かる;?)で
拳を突き上げるのが気持ち良い気持ち良い!

 

だけど岡野さんまたやっちゃったねー。

 

どこかで歌詞を間違えて
「歌詞を間違えてしまった~♪」って歌っていたような・・・。

 

 

MCが入りオリコン1位のお祝い。

 

Winding Road

 

ライヴだと声が跳ねるところがめっちゃ強調される。

あの跳ね方大好き。

言うこと無しですね。

 

 

で、次だよ。

 

まさかやってくれるとは。

しかもWinding Roadの後に入れてくるとは。

 

デッサン#1

 

あのギターのイントロが聴こえてきた瞬間
魂抜けるかと思った。

むしろ抜けたかもしれない。

 

岡野さん前より少し声低くなったのかなとも思ってたけど
全然そんなことないかも。

 

出し切ったよ。

 

この曲の高音部分は凄まじいけど
めっちゃ伸びてたよ、突き抜けてた。

 

 

衝撃は続き。

 

 

これもやるか。

やってしまうのか。

 

リビドー

 

なんですかこの2曲の並びは。

 

リビドーだと分かった瞬間

 

 

「リビドー!?」

 

 

って半ば叫びながら、結構右寄りにいたけど
真ん中近くに移動、おかげで結構見やすい位置に行けた。

 

この並びはぽんとにすごくすごかった。

 

10月10日の記事で聴きたい曲を6曲挙げてたんだけど。

そのうちの2曲だったから本当に嬉しかった。

 

 

次はね、違う意味での衝撃が走ったよ。

 

1stアルバムから2曲続いたから
もしかしたらライオン来るんじゃないか?と思ったよ。

 

すごくすごい期待したよ。

確信さえしてたかもしれない。

 

 

だけど聴こえてきたのはあのドラム。

 

 

スッチャチャ スッチャ

 

メリッサ

 

いやいやいやいやいや。

それは無いでしょうよポルノさん;

 

昔の曲が2曲続いて、めっちゃ盛り上がってたよ。

更に盛り上げようとして定番を持ってきたんだろうけど。

 

この曲で盛り下がったのなんて初めてだよ。

曲順によってあそこまで盛り下がるなんて初めて知ったよ。

 

 

とりあえずメリッサやっとけば盛り上がる。

そんな風に思ってるのか?

 

 

読みが甘い。

 

 

ファンを馬鹿にするなと言いたくなった。

あそこは絶対コアなのを持ってくるべきだった。

 

 

かなり手厳しいようだけどこれは声を大にして言いたい。

 

 

あのセットリストにメリッサはいらない。

 

 

これは一緒に行った人(連れて行ってくれたが正しい)も
同意見でかなり安心したんだけどね。

 

 

区切りの良いところで続きは次の記事へ。

 

記事の最後はなんだか批判が多いか?

これは少し考えねば;

 


↑こんなんですがよろしくお願いします。

 

| | コメント (2)

POCARI×PORNO LIVE"RE・BODY" in ZEPP Sapporo Report 1

 

仙台公演が確実に終わっているであろう
という時間を狙ってのアップです。

 

札幌は9時半には終わってたから大丈夫よね?

最終日だからって1時間も延長とかないよね?

 

仙台に行った人がライヴ中に見てるはず無いから大丈夫!

書きますよー!!

 

 

と、その前に。

 

これ、公開日時指定で書いているので
リアルタイム更新ではありません。

 

そんなことしてたら書き上がりません;

横着して申し訳ない。

 

書き溜めておいて間隔をあけてアップしていきますが
設定上新しいものが上に来るので
読みにくいかもしれません、どうかご了承ください。

 

 

それでは気を取り直して。

 

 

POCARI×PORNO LIVE"RE・BODY"

in ZEPP Sapporo LIVE Report

 

 

Vfts0093  

 

看板(?)はこんな感じ。

 

 

 

 

他にもポルノさんのパネルとか色々ありましたけど
これは載せちゃまずいと思うので割愛。

 

 

とりあえずセットリストから。

 

 

1.Name is man ~君の味方~
2.サボテン
3.朱いオレンジ
4.フィルムズ

MC

5.アゲハ蝶
6.INNERVISIONS
7.Devil in Angel

MC

8.Winding Road
9.デッサン#1
10.リビドー
11.メリッサ

MC

12.まほろば○△
13.PRIME
14.Century Lovers
15.ミュージック・アワー
16.ハネウマライダー

アンコール

17.Swing
18.愛が呼ぶほうへ
19.ジレンマ

 

 

曲順にちょっと自信がありません。

 

PRIMEの場所がかなりあやふや。

この辺だったかな?というところに突っ込みました。

 

あと朱いオレンジフィルムズの順番。

私はフィルムズが4曲目だと思い込んでいたんだけど
他の方のレポを見ると違うんですよね。

 

演奏した曲はあってるはずですので。

順番はあまり信じないでください;

 

 

それより曲の内容を見てくださいよ。

すごくすごいなんてものじゃない。

 

滅多に聴けない曲ばっかり。

驚きの連続でした。

 

 

ここからは内容にそって書きましょうか。

 

 

開演前、SEが流れる会場はすし詰め状態。

そんな中SEが消え暗転、一気に期待が高まります。

 

 

そしてステージ左からポルノさんが登場!

 

 

1曲目 Name is man ~君の味方~

 

 

びっっっくりした!

 

 

まさか初っ端にこの曲を持ってくるとは。

やられました。

 

 

はじまりのこの流れは本当にすごかった。

 

サボテン朱いオレンジは初めて聴いたし
フィルムズむらっさき以来だよね?

 

岡野さんも目を瞑りながら歌に入り込んでいる感じ。

しっとり聴き入っていました。

 

 

でもさ、正直言うと不満もあった。

掴みの4曲をミドルで攻めるってのはどうなんだろう。

 

いつもとは比べ物にならないくらい狭いハコ。

大き目ではあるけどまさにライヴハウスって感じの会場よ?

 

 

ロックで来ないでどうする!!

 

 

私としては拳を突き上げたかったよ。

初っ端からライヴ感を味わいたかったよ。

 

 

だけどよくよく考えてみると
あれはポルノさんたちの配慮だったのかなと。

 

ライヴ開始前は興奮・緊張がお客さんを支配してる。

それで初っ端飛ばしてったら押し合いへし合いで
失神して倒れる人が出るかもしれない。

 

落ち着いてもらうためにミドルできたのかなー、とね。

 

 

こう思えば、主催者側も色々大変なんだなーと納得。

 

 

・・・するしかないじゃないか。

 

 

はじめ2曲をミドルであと2曲はアップ。

せめてこれでやってほしかったというのが本音。

 

 

だけど聴いてみたい曲ではあったから嬉しかったですよ。

 

 

そんなことより、
はじまってすぐ気になってしょうがなかったことが。

 

 

キーボード本間さんじゃね?

 

 

本間さんでした。

あの癒し系笑顔の彼でした。

 

 

4曲終わってお決まり

 

 

「ワシらがポルノグラフィティじゃ!」

 

 

をやってMC、メンバー紹介になりました。

 

またまた申し訳ないのですが
ドラムとベースの方の名前が思い出せない・・・。

色んなところで聞いたことはある方なの。

本当に申し訳ないわ;

 

パーカッションはSPAMさんという方で、めっちゃ上手でした。

だけどしんみりした曲でも明るい笑顔でやってらして、
それが若干あれかなと。

演奏が本当に楽しくてしょうがないのかな。

 

ベースの方もドラムの方も素晴らしかったです。

 

やっぱりいつものメンバーが良かったという気持ちが
無かったといったら嘘になってしまいますがね。

 

だってName is man ~君の味方~って
ヴァイオリンの音がかなり聴こえるじゃない。

金髪の方、本当に何をなさっていたんだろう。

 

キーボードは本間さんのままでも構いませんがね。

 

 

スパンさんはポルノさんと同い年だそうで。

 

会場がどよめきました。

私も驚きました。

失礼な話ですがポルノさんは若いんだなと改めて実感。

 

 

あ、だけど出てきてすぐの岡野さんは
なんだかすごく老けて見えたんですよね。

照明の加減なのかお疲れ気味な印象でした。

 

ライヴが盛り上がるにつれて
若返っていった気がするのは気のせいだったのかしら。

ちょっと痩せたようにも見えたから、そのせいかもね。

 

 

今更ですがお2人の衣装をざっと。

 

岡野さんは赤いチェックのネルシャツ(?)に
黒の長袖インナー

ズボンはカーキっぽかった?

よく覚えていないのですが珍しく淡い色合いのズボンでした。

髪型は最近のお決まり的な感じ。

やっぱりペターンとしてる。

 

新藤さんは黒いジャケット
胸の位置になんか複雑な柄のあるインナー。

ズボンは・・・忘却の彼方へ。

濃い色だったと思います。

髪型はまたもフワッフワ。

あんまり好きじゃないんだよなー。

 

 

長くなったので次の記事へ続きまっす。

 

まだ4曲しか進んでない・・・。

横浜ロマンスポルノのときよりはまだ早いか。

 

タイトルもクソ長いので次からは略称でいきますか。

 


↑悲しいことに急降下。
どうぞよろしくお願い致します。

 

| | コメント (2)

ヴォーカル無しVer.も入れてほしかった。

 

昨日は疲れきっていたために
フライングゲットは断念しましたが。

 

 

Metal Cool

 

 

CRAP JOEを初めて聴いたときと同じ感覚になりました。

 

 

音は格好良いのよ。

ベースとかもうTamaちゃんなのよ。

ジャケットデザインとかも格好良いのよ。

 

 

なーんで歌ってしまったんだろう。

 

 

パソコンから視聴したときよりはまあ聴けるけど。

なんというか・・・ねえ。

 

 

ヘビーローテーションする気になれません。

 

 

聴いていて切なくなってくるんだよね。

 

彼はこういうことがしたくて脱退したんだろうか。

ヴォーカルをやりたかったんだろうか。

 

色々と考えてしまう。

 

 

アルバム聴いたときは素直に納得できたんだけどな。

 

 

とりあえず聴き込んでみるよ。

 


↑Strange Daysのサビは好き。

 

| | コメント (2)

« 2006年10月 | トップページ | 2006年12月 »